コラム

玄関チャイムが鳴らない!聞こえない!交換・増設は自分でもできる?

玄関チャイムが鳴らない!聞こえない!交換・増設は自分でもできる?

今、あなたの家の玄関チャイムは使えますか?壊れて使えないという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、チャイムは自分でも直せる場合があるのです。この記事では、チャイムの種類や壊れる原因、対処法などを紹介しています。壊れたチャイムを修理したいという方はぜひ読んでみてください。

玄関チャイムの種類

玄関チャイムにはいくつか種類があります。種類によって交換方法が違ったりするので、あらかじめ確認しておきましょう。それでは、どのような種類があるのか紹介していきます。

電池式

電力を電池から確保しているチャイムのことを指します。チャイムの音を出す機械のカバーを開けたとき、電池がついていたらこの種類に分類されます。

電源プラグ式

電力をコンセントから確保しているチャイムのことを指します。音を出す機械から電源コードが伸びていて、コンセントにつながっていたら電源プラグ式です。

電源直結式

電力を、コンセントを介さず直接導線でつないでいるチャイムのことを指します。音を出す機械のカバーを開けたとき電池がついてなく、電源コードも伸びてない場合は電源直結式の場合が多いです。

有線・無線

また、チャイムは有線チャイムと無線チャイムの2種類に分けることができます。有線チャイムはチャイムのボタンと音を出す機械が線でつながれているものを指し、つながれていないものを無線チャイムと言います。

玄関チャイムが鳴らない!原因と対処法は?

玄関チャイムが鳴らない!原因と対処法は?

玄関チャイムが鳴らなくなる理由には、いくつかパターンがあります。原因を特定すれば対処法も分かります。ぜひチャイムを直すときの参考にしてください。

電池が切れている

電池式チャイムの場合、まず電池切れという原因が考えられます。一度電池を取り替えてみましょう。それでチャイムが鳴るようでしたら、原因は電池切れで間違いないでしょう。

本体が壊れている

電池を取り替えてもチャイムが鳴らない場合は、本体が壊れている可能性があります。それでは、確認方法を紹介します。

電池が入ってる場所の中央に、線がつながれているネジが2つあり、それを端子といいます。その2つの端子を針金などの金属でつなげてみてください。もしそれで鳴らなかった場合、音を出す本体が壊れている可能性が高いです。その場合は取り替える必要が出てきます。

スイッチが壊れている

端子を金属でつなげたとき音が鳴るようでしたら、スイッチが壊れている可能性があります。確認方法として、まずスイッチの外側のネジを外します。外すと配線が2本出てくるはずです。その2本の配線をスイッチから外した後に、つなげてみましょう。

このときにもし配線がさびている場合は、ビニール部分を取って新しい部分を出しましょう。つなげたときチャイムが鳴るようでしたら、スイッチが壊れているということになります。スイッチを新しいものに取り替えましょう。

壁の中の配線が切れている

スイッチ部分の配線をつなげても音が鳴らない場合、壁の中の配線が切れている可能性が考えられます。その場合は、壁の中の配線を直すのは困難なため、壁の外から配線を通すか無線チャイムに切り替える必要があるでしょう。

このようにいろいろなパターンがありますが、ひとつずつ確認していくことで原因を絞ることができます。原因を見つけることができたなら、実際に自分で直すことも可能でしょう。

聞こえづらい玄関チャイムは増設しよう!

チャイムがなることにはなるが、音が小さすぎて場所によっては聞こえないというケースもありますよね。そんな方にはチャイムの増設をおすすめします。実際にどのように増設する方法があるのか説明していきます。

新たにボタンと受信機を設置する

まず、今あるものを取り外して新しくボタンと受信機(本体)を設置するという方法があります。この方法は、無線タイプのものを選べば配線工事は必要ありません。今あるものを取り外して、新しいチャイムと受信機を取り付けるだけで使うことができます。

また無線タイプなら受信機は増やせるので、1階に1台、2階にも1台というように設置することができます。音量調節が可能なものもあるので、これなら聞こえないということもなさそうですね。

今あるチャイムを活用する

わざわざ使えるチャイムを外す気にならない方には、今あるチャイムを活用する方法もあります。今あるチャイムに、音感知センサーを吸盤や両面テープで取り付けるだけで、受信機を使えるようにする方法です。これなら、今あるチャイムを活かすことができるので、新しいものを用意するよりも費用を安く抑えることが可能です。

玄関チャイムをインターホンに交換しよう!

玄関チャイムをインターホンに交換しよう!

玄関チャイムが壊れてしまったら、それはインターホンに取り替えるよい機会かもしれません。利便性や防犯という観点でみると、チャイムよりインターホンのほうが優れています。

インターホンの中には、モニター付きや録音機能付きなど便利な機能がついているものもあります。最近では自分で簡単に設置できるものもあるため、チャイムからインターホンに取り替えることも可能です。

自分でも交換できるインターホン

無線式のインターホンなら、配線のことを気にせずに取り付けることができます。今あるチャイムを取り外し、スイッチと受信機(本体)を取り付ければすぐに使うことができます。またコンセントさえあれば、受信機をどこにでも取り付けられるのも無線式のメリットのひとつです。自由度の高い無線式インターホンは自分でも交換できるのでおすすめです。

電気工事が必要になることも

自分でも取り付けられるチャイムやインターホンについて紹介してきましたが、難しく感じられる方もいらっしゃると思います。また、自分でやっていて思わぬところで失敗してしまうこともあるかもしれません。

心配な方は、迷わずプロの電気工事業者さんに頼りましょう。チャイムやインターホンの修理や設置はもちろん、チャイムやインターホンの選び方や取り付け場所などの疑問にも、プロが答えてくれるので安心です。

まとめ

今回は玄関チャイムについていろいろなことを解説しました。玄関チャイムがもし壊れているなら、これらのことを踏まえて修理や取り換えをしましょう。また、防犯のためにもモニター付きインターホンに取り換えるのがおすすめです。もし、自分で取り付けるのに自信がない方は、迷わずプロの電気工事業者に頼りましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0120-949-710